就職活動の失敗とは

就職難と言われる時代が長く続いてきました。
一時期は就職氷河期や失われた世代とまで呼ばれたこともあります。
前途ある若者にとって、何時の時代も就職というのは非常に大きな問題の一つでした。
特に昨今においては大々的な就職活動を行って就職先を探すのが当然のようになっています。
競争に勝ち、ライバルたちを出し抜いてより良い企業に就職することを目指すためには仕方ない向きもあるでしょう。


実際、就職というのは一生を左右する問題です。
よく就職難であることに対して無責任に「選ばなければ仕事はある」という人がいますが、なんでも良いから仕事に就くという選択肢を軽々に取れるものではありません。
かつてに比べると緩和されてきているものの、未だに転職は就職以上に難しいのですから、就職の時点である程度以上の場所を求めるのは当然です。


しかし、就職活動の当事者である学生達が、まだ実質的な社会を知らない存在であることもまた事実です。
自分の中の狭い社会観だけで就職先を選んでしまい、失敗するという例も少なくありません。
そもそも就職活動における「失敗」というのが何なのか、考えなおしてみる必要があります。


卒業しても就職先がないのは、就職活動としては失敗の代表例となるでしょう。
しかし、これだけが失敗ではありません。
就職を急いだ結果、自分に合わない企業を選んでしまう、というのも就職活動の失敗です。
失敗しない就職活動のためには、失敗を見つめなおすことが必要です。